無職でもカードローンを利用できる?

カードローンの申し込みの際においては、様々な項目が調べられます

あなたの現在の借入状況、これまでの返済記録、収入、職業、家族構成などが調査の対象になります

その中でもやはり重要になるのが職業です

職業についているということは一定の収入が確保されているということと同じ意味を持ちます

よって、何かしらの職業に就いているか、それとも無職かが、これまでのカードローンの審査に通るかどうかの大きな分かれ目になっていました

しかし、不況が長引き失業した人が増えている中で、職業の有無だけで審査の可否を決めていくことはカードローン会社にとってもデメリットが大きくなってきました

仕事に就いていない場合でも定期的な収入がある人もいるため、そうした人に対してはもっと広く融資を行っていくべきだという方針に転換したわけです

よって、現在では無職であるからといってカードローンの審査に問答無用で落とされる、ということはなくなっています

カードローンの審査で重視されるものとは

ただ、誰しもが審査に通るわけではありません

これはあくまで条件付きの話であり、カードローン会社も職業よりも他の部分の審査を重視し始めた、ということです

そのほかの部分とはズバリ収入です

無職であっても一定の収入の見込みがあれば審査に通過することができます

株式や債権の配当、保険金の支払い、賃料など職業以外からの収入の道はいくつもあり、それらを証明する書類を提出すれば良いのです

ただし、何らかの職業に就いている人に比べて限度額や金利は高めに設定されてしまいます

よほどの財産収入を有している場合はともかく、大抵の場合はもっとも低い限度額からのスタートになるでしょう

ただし、返済額もそれに応じて低い額にはなりますので無理をせずに返済していける額にもなるはずです

きちんと返済を行っていけば、更新の再審査において限度額の引き上げや金利の引き下げを受けられる場合もありますので、正しく利用して計画的な返済を心がけましょう