カードローンの返済は引き落としが基本

カードローンを利用する際は、どうしても借りるということばかりに目が行くために、「審査」「借りる時の利便性」「利率」といったことにばかりに気をとられてしまいがちです
けれども、お金を借りた場合にもっとも重要なのは返済です
返済がスムーズにできなければ、延々利息を支払い続けるようなことにならないとも限りません
カードローンを申し込む前に、返済方法の仕組みについて知っておきましょう


一般的にカードローンの返済方法は、口座からの引き落としを基本としており、ATMを利用しての返済も利用できます
口座引き落としの問題は、うっかり残高が十分ではなかった時に引き落としが実行されず「遅延」となってしまいやすいことです


返済方法に口座引き落としを選択した場合には、早めに必要額を入金しておくこと、そして引き落とし前にも再度確認することが大事です
できれば返済専用の口座を作って、その口座からはカードローンの引き落としだけが行なわれるようにし、他の用途での引き出しはしないようにしておくと安心でしょう

完済には任意返済も必須

ATMでの返済は主に、「任意返済」として利用します
任意返済とは、毎月義務として決められた支払額以外に自分の裁量で追加返済を行うこと
これを行なわなかったからといって督促はされませんが、現在カードローン会社の多くが採用している返済方法の残高スライドリボルビング方式では、毎月の支払額は借入残高が減れば減るほど少なくなります


残高スライドリボルビングは、負担という面でいえば非常にメリットの高い返済方法ではありますが、理論上、最低限の支払いしか行っていないと、いつになっても借入残高の返済が終わらないという事態になってしまうことがわかります
それを防ぐためにも、余裕ができたら追加で返済をしていく、もしまとまったお金が入った時には一括で残高を返済してしまう、という選択は必須
任意返済は思いたったらすぐにできた方がいいので、各会社の提携ATMの種類や数もチェックしておくといいでしょう