金融機関の事情

金融機関にとって、融資のできる企業がたくさんあれば、また貸倒リスクも少なければ、多少金利が低くても金融機関としては収益確保に安心できるでしょう

ただ、まだまだ好景気とは言えない現状では、なかなか融資できるような企業もなく、また貸倒リスクもまだまだ低いとは言えないようです

そこで金融機関は個人に目を向けます
個人借入で最も多額なものは住宅ローンですが、住宅ローン金利競争が激しくなるのは金融機関の収益確保の見込先を個人にシフトした為です

ただ、住宅ローン以外のローンでは、あくまで個人単位ですから、特にカードローンの融資額も企業への融資額と比べて少額になり、そこからの金利収入も微々たるものになります
また、事業用資産や担保を持つ企業と比べて、個人向けでは貸倒リスクも高く見積もります
これらの要因によって、金利は高く設定されてしまいます

利用者の事情

一方、カードローンを利用する方は現時点でどうしても欲しいものがある、急な出費で手元に現金がない、どうしても現金が欲しい等の事情があると思います
心理としては、欲しいものを目の前にして気持ちが盛り上がっていたり、突然の出費に対して切羽詰まった状況でありますから、カードローンを利用するのに、冷静になってその金利の高さを考えることができないと思います

特にカードローンは一括で返済をする必要もなく、毎月一定額さえ返済すれば、借入限度額以内で再度借入もできます
貯金がなくても、限度額以内であれば、欲しいものはすぐ買うこともできるし、急な出費に充てることもできます

ここがカードローンの便利なところでもあり、金融機関にいいカモにされるところでもあります

高い金利も計算に入れて、将来の返済も考慮できて上で、カードローンを利用した「現在」を満足できるのであれば、例え金利の高い借入だとしても、限度額以内で入出金できるカードローンは利用者にとって便利なものだと思います